徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念 秋季特別展 日韓国交正常化50周年記念展(平成27年9月19日(土)〜11月8日(日))・記念シンポジウム 「お互いを理解する道のり-江戸時代の日韓交流-」(11月7日(土))

展示・講演会情報です。
●公式サイトはこちら
http://housa.city.nagoya.jp/exhibition/index.html
——————–
平成27年9月19日(土)から11月8日(日)
徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念 秋季特別展
日韓国交正常化50周年記念展
記念シンポジウム
「お互いを理解する道のり-江戸時代の日韓交流-」
講 師:
池内敏氏(名古屋大学教授)の司会 夫馬進氏(京都大学名誉教授) 田代和生氏(慶應義塾大学名誉教授)
日 時:11月7日(土) 午後1時30分から(開場1時)
場 所:徳川美術館講堂
聴講料:無料(※徳川美術館の入館料必要)
定 員:当日先着100名
■会場
蓬左文庫 展示室 1・2
朝鮮王朝との関係修復に努めた徳川家康は、朝鮮で刊行された金属活字本をはじめ、隣国の優れた文化にも関心を寄せていました。尾張徳川家に伝わった家康旧蔵の朝鮮本や、高麗・朝鮮美術の名品、朝鮮通信使に関する記録などを通して、朝鮮王朝の豊かな文化と両国の交流を振り返ります。