« 中京大学文学会秋季大会(2015年11月7日(土)、名古屋キャンパス 4号館 3階 431教室)【講演=長澤孝三氏「古書のはなし」あり】 | メイン | 城西大学創立50周年記念・水田三喜男記念「グローバル・レクチャーシリーズ」・小林忠氏(岡田美術館館長・国際浮世絵学会会長)講演会「水田コレクションと浮世絵の魅力」(2015年11月21日、城西大学。要申し込み) »

2015年10月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●中部日本・日本語学研究会(第72 回)(2015年 11月 07日 (土)、刈谷市総合文化センター アイリス4階)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報はこちらから入手。日本語学会。
http://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

--------------------

日時 2015年 11月 07日 (土)  13:30~17:00

場所 刈谷市総合文化センター アイリス4階  中央生涯学習センター405・406号室
(JR・名鉄刈谷駅南口より徒歩3分。刈谷駅はJR名古屋駅より快速で20分ほど)

内容
(1)金 銀珠(愛知教育大学[非常勤])
「中古語の名詞修飾節における無助詞と『の』と『が』の主語表示の機能分担について」
(参考文献)
・野村剛史(1993)「古代から中世の『の』と『が』」(『日本語学』12-10)
・金 銀珠(2009)「中古語の連体修飾節における無助詞主語と『の』格主語-非対格性と他動性回避-」(『HERSETECテクスト布置の解釈学的研究と教育』2-2)

(2)湯浅茂雄(実践女子大学)
「日本語研究資料としてのケンブリッジ大学図書館蔵(Aston Collection)、アーネスト・サトウ自筆資料『日本語反古切樟脳包』、『節用集貼込帖』、『和玉篇貼帖』について」
(参考文献)
・常盤智子(2003)「ケンブリッジ大学図書館蔵 アーネスト・サトウ自筆資料について」(『千葉大学日本語論叢』4)
・木村 一(2005)「『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書-『雅俗幼学新書』との関わり-」(『日本語の研究』1-2)
・佐藤貴裕(2005)「十九世紀近世節用集における大型化傾向」 (『国語語彙史の研究』24)

備考
・恐縮ですが、会場費500円をカンパくだされば幸いです。
・会の終了後、懇親会を行ないます(会費4000円 中華料理・香楽)。

連絡先 龍谷大学文学部・藤田保幸研究室


●グーグル提供広告