« 【日文研 ・アイハウス連携フォーラム】李愛淑 (国立韓国放送通信大学教授、国際日本文化研究センター外国人研究員)「世界文学としての『源氏物語』」(2015年12月10日(木)、国際文化会館 講堂。要予約) | メイン | 「舞鶴への生還」「東寺百合文書」のユネスコ記憶遺産登録決定について(文部科学省) »

2015年10月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●慶應義塾大学附属研究所斯道文庫、慶應義塾大学アート・センター主催、センチュリー文化財団寄託品展覧会「元和偃武400年 太平の美 ─ 書物に見る江戸前期の文化 ─ 」(2015年11月4日[水]- 11月27日[金]、慶應義塾大学アート・スペース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちらから。
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/century2015/

--------------------

【慶長20年(元和元年1615)豊臣家滅亡による平和の到来を「元和偃武」と呼びます。「偃武」とは、武器を偃(ふ)せて庫に収めることで、『書経』に由来する詞です。そこにも「偃武修文」とあるように、武の時代が終れば文の時代が始るのは世の常でした。どこか退廃的で刹那的な香りのする安土桃山文化に対し、徳川前期の文化は豪華さではやや劣るものの健康的で落ち着きのある美しさを有しています。今年が元和偃武から400年に当たることを記念して、平和がもたらした美を江戸前期の書物を中心にして御覧いただきます。】

主な展示品:
伝俵屋宗達筆源氏物語橋姫図・伝岩佐又兵衛筆朧月夜内侍図・光悦謡本・踊尽草紙絵巻・徳川家康短冊・烏丸光広写長秋詠草抜書

日時
2015年11月4日[水]- 11月27日[金]

場所
慶應義塾大学アート・スペース 

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学南別館1F
Tel. 03-5427-1621 Fax. 03-5427-1620
最寄駅:JR山手線・京浜東北線田町駅、地下鉄三田線三田駅、大江戸線赤羽橋

費用
入場無料

主催・共催など
主催:慶應義塾大学附属研究所斯道文庫、慶應義塾大学アート・センター


●グーグル提供広告