« 青森県立図書館、青森県立図書館デジタルアーカイブを公開(ACADEMIC RESOURCE GUIDE) | メイン | 品川歴史館 開館30周年記念特別展 東海道品川宿(2015年10月11日(日)~12月6日(日)) »

2015年10月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●宇和島伊達400年記念祭 ワークショップ【講師:岩城賢太郎・小林健二・神楽岡幼子各氏】(2015年10月17日(土)、木屋旅館(宇和島市))・シンポジウム「宇和島再発見 -人・文化・学問-」【講師:三浦和尚・福田安典・伊井春樹各氏】(10月18日(土)、南予文化会館中ホール(宇和島市)))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ワークショップ&シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://uwajimadate400.com/enjoy/event067/
--------------------

宇和島伊達400年記念祭、ワークショップ&シンポジウムのお知らせです。

ワークショップ「つどい・まなび・あそび -宇和島文化探訪-」

日時:10月17日(土)午前の部 10:00〜12:10(先着40名) 午後の部 14:00〜16:10(先着40名)
場所:木屋旅館(宇和島市本町追手2丁目8-2)
講師:岩城賢太郎(武蔵野大学准教授)、小林健二(国文学研究資料館教授)、神楽岡幼子(愛媛大学教授)
司会:福田安典(日本女子大学教授)

国文学研究資料館は平成21年より伊達文化保存会に所蔵される宇和島伊達家旧蔵資料の調査を行ってきました。
現在、多くの大名家の資料が失われてしまっているのに対して、宇和島伊達家の道具類や文書類はそのままの形で保存されており、よき時代の大名文化を後世に残しています。
今日の宇和島が落ち着いた城下町の風情を伝えるのも、この伊達家を中心とした文化や学問があってのことです。そこで、伊達家が入部して400年を記念するこの年に、宇和島伊達文化保存会の協力を得て、ワークショップを開催し、宇和島の魅力を広く発信します。

問い合わせ:愛媛大学法文学部 神楽岡研究室 (TEL/FAX)089-927-9325 (Email)kagraoka.yoko.mg@ehime-u.ac.jp

入場無料、ワークショップには整理券が必要です。
整理券申込先:宇和島市立伊達博物館(TEL)0895-22-7776(FAX)0895-22-7819

>> PDF(チラシ)はこちらからダウンロードいただけます。


同時開催 ミニ企画「読む・触る・彩る -宇和島伊達家所蔵『岩屋草子』-」

伊達家に伝わる豪華な絵巻物『岩屋草子』を紹介します。
物語の紹介をしたり、挿絵に描かれた場面から、中世の貴族文化を学んだり、ぬり絵を楽しんだりする企画です。小中学生や高校生も参加できます。

時間:11:30〜14:30(整理券不要)
講師:小助川元太(愛媛大学教授)、山中瑞穂(香道研究家・宇和島伊達文化保存会評議員)


シンポジウム「宇和島再発見 -人・文化・学問-」

日時:10月18日(土)13:00〜16:30(受付開始 12:30〜)
場所:南予文化会館中ホール(宇和島市中央町2丁目5-1)
講師:三浦和尚(愛媛大学教授)、福田安典(日本女子大学教授)、伊井春樹(阪急文化財団理事・国文学研究資料館名誉教授)
司会:小助川元太(愛媛大学教授)

これまでの調査で得られた研究成果を公開すると同時に、愛媛県、宇和島の文化に造詣の深い3名の講師を招いてシンポジウムを開催し、宇和島の魅力を広く発信します。入場無料です。

問い合わせ:愛媛大学教育学部 小助川研究室 (TEL/FAX)089-927-9405 (Email)kosukegawa.ganta.me@ehime-u.ac.jp

>> PDF(チラシ)はこちらからダウンロードいただけます。


●グーグル提供広告