« 「舞鶴への生還」「東寺百合文書」のユネスコ記憶遺産登録決定について(文部科学省) | メイン | 表象文化論学会第10回研究発表集会(2015年11月7日(土)、東京大学駒場キャンパス21KOMCEE) »

2015年10月11日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●あとがき20 【祝・世界記憶遺産】「東寺百合文書」以前: 網野善彦『中世東寺と東寺領荘園』(東京大学出版会、1978)(あとがき愛読党ブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【ユネスコの記憶遺産(世界記憶遺産)に、東寺百合文書が認定された。
 日本のものが認定されてうれしいという以上に、東寺百合文書を保存し、整理し、公開してきたたくさんの人々、とくに所蔵している京都府立総合資料館の人々の尽力が報われたという意味で、たいへんおめでたいできごとだ。

 東寺百合文書は、京都の東寺(教王護国寺)が伝えてきた、約25000通にもわたる中世文書の一大コレクションだ。加賀藩主前田綱紀が東寺に寄進した約100箱の桐箱に保管されていたことから、この名前がついている。東寺が伝えてきた中世文書(広義の東寺文書)は、おもに東寺(狭義の東寺文書)、京都府立総合資料館(東寺百合文書)、京都大学(教王護国寺文書)の3ヶ所に分かれて所蔵されている。そのうち、量的にもっとも多い府立総合資料館蔵の東寺百合文書が、今回ユネスコの認定を受けた。

 さて、そんな東寺百合文書とたいへん縁の深い人物が、歴史家の網野善彦だ。】
つづきはこちらから。あとがき愛読党ブログ。
http://atogaki.hatenablog.com/entry/2015/10/10/193733


●グーグル提供広告