国際浮世絵学会 第20回秋季大会「錦絵誕生250年」(2015年11月7日(土)8日(日)、國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階常磐松ホール)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://ukiyoesociety.blogspot.jp/2015/10/20.html

——————–
国際浮世絵学会 第20回秋季大会 プログラム
「錦絵誕生250年」
國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階常磐松ホール
<11月7日(土)> 
総合司会:藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)
12:30 理事会【学術メディアセンター5F 会議室06】
13:30 開会の辞 小林忠(国際浮世絵学会会長・岡田美術館館長)
理事長挨拶 浅野 秀剛(国際浮世絵学会理事長・大和文華館館長)
13:40 研究発表 司会:田沢裕賀(東京国立博物館)
「歌麿の狂歌絵本三部作にみる技法と美人画への応用」
洲脇朝佳(國學院大學大学院)
14:25 研究発表 司会:田沢裕賀(東京国立博物館)
「昇亭北寿の風景版画―その特質と系譜―」
塚本園子(実践女子大学大学院)
15:10 コーヒーブレイク
16:00 研究発表 司会:小澤弘(淑徳大学)
      「十二支の役者見立絵」
藤澤茜(学習院大学)
16:55 特別講演 司会:及川茂(日本女子大学名誉教授)
      「錦絵―歌舞伎の舞台を写す鏡」
ヘンク・ヘルウィッヒ(元ユトレヒト大学准教授)
18:30 懇親会【会場:若木タワー18階 有栖川宮記念ホール】
司会:岡崎礼奈(東洋文庫・国際委員) 伊藤千尋(学習院大学大学院・国際委員)
<11月8日(日)>
10:00 研究発表 司会:小澤弘(淑徳大学)
      「勝川春英の相撲絵について」 
大久保範子(横浜美術大学)
11:00 特別講演 司会:及川茂(日本女子大学名誉教授)
    「金銀ギラギラの春なんです―ライデン国立民族学博物館蔵の文政期の摺物と狂歌本をめぐって」
     ダン・コク(ライデン国立民族学博物館)
12:00 休憩
13:30 基調講演  司会:内藤正人(慶應義塾大学)
      「錦絵の誕生と鈴木春信―美人画の百花繚乱―」
藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)
14:30 コーヒーブレイク
15:00 シンポジウム「錦絵誕生250年」 司会:日野原健司(太田記念美術館)
      パネリスト 武藤純子(清泉女子大学)
            藤澤紫(國學院大學・国際委員会委員長)
            岩崎均史(練馬区立石神井公園ふるさと文化館館長
静岡市東海道広重美術館館長)
            中城正堯(江戸子ども文化研究会)
17:20 閉会の辞 藤澤紫
参加ご希望の方は当日大会受付へお越しください。
大会参加の事前予約は不要です。
一般の方の参加も歓迎いたします!
大会参加費[ 資料代(2日間共通)] 国際浮世絵学会会員:1000円
          一般:2000円
      学生(一律):500円
懇親会参加費
国際浮世絵学会会員:5000円
           一般:6000円
      学生(一律):2000円
※学会員の方は受付にて2015年度の会員証をご提示ください。