« 第39回 国際日本文学研究集会(平成27年11月14日(土)・15日(日)、国文学研究資料館2階大会議室) | メイン | 神戸女子大学古典芸能研究センター 企画展「説経「おぐり」の世界―説経節の広がり―」(2015年10月12日(月・祝)~12月11日(金)) »

2015年10月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2015年度中央大学国文学会 講演会「近代の印刷・出版文化の中の浮世絵 - その変貌と変遷 -」講師:岩切信一郎氏(2015年10月21日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/letters/major/jpn_lit/news/2015/10/35946/
--------------------

2015年度中央大学国文学会 講演会を次の通り開催致します。

「 近代の印刷・出版文化の中の浮世絵 - その変貌と変遷 - 」

  講師: 岩切 信一郎 先生 (新渡戸文化短期大学 教授)

  日時: 2015年10月21日(水) 16:40-17:50
  場所: 3552教室 (多摩キャンパス文学部棟3号館5階)

参加費・事前申込は不要です。学外の方のご参加も歓迎致します。
お誘い合わせの上ご来場ください。
※講演会後に、先生を囲んでの懇親会を予定しています。

◇講演要旨
文明開化の下、新たな印刷・出版文化到来の渦中で、木版技術及びその
花たる浮世絵版画(錦絵)はどうなったのか、どういう変遷をたどったのか。
新聞・雑誌の出現と画像(挿画)挿入、そしてその印刷(凸版・凹版・平版)、
木版多色摺、石版多色摺(クロモ)、銅版、あるいは和装本から洋装本へ、
といった時代の流れから「明治浮世絵の世界」を浮かび上がらせる。

◇講師略歴
1975年 國學院大學大学院文学研究科修士課程修了
2010年 『明治版画史』で芸術選奨文部科学大臣新人賞(評論)受賞
現在 新渡戸文化短期大学 教授
国際浮世絵学会常任理事 明治美術学会理事

[ご著書]
『明治版画史』(2009年吉川弘文館)
『橋口五葉の装釘本』(1980年沖積舎) ほか


●グーグル提供広告