« 第8回能のことばを読んでみる会《自然居士》(2015年11月23日(月・祝)、東山いきいき市民活動センター(京都市)) | メイン | 【本日、10月8日(木) 午後7:30~午後7:56・再放送は9日(金)午前1:00~午前1:26】NHK総合・クローズアップ現代「"正しい"アクセント 誰が決める? ~日本語発音辞典 大改訂へ~」 »

2015年10月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2015年度 第23回和紙文化講演会 テーマ「明らかになってきた −古文書・古典籍の料紙−」(2015年11月7日(土)、東京藝術大学 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら。要旨は下記サイトへ。
http://washiken.sakura.ne.jp/admission/
--------------------

2015年度 第23回和紙文化講演会

期 日: 2015年11月7日(土) 10:00〜17:00
会 場: 東京藝術大学
テーマ: 「 明らかになってきた −古文書・古典籍の料紙−」

プログラム

10:00-10:10 開会挨拶 稲葉 政満(和紙文化研究会会長)
10:10-11:00 講演1「杉原紙から奉書紙へ―古文書料紙の系譜論―」富田正弘講師
11:00-11:50 講演2「料紙を形成する繊維について」 原 啓志講師
11:50-13:20 昼食休憩(史料と調査機器の展示)
13:20-14:10 講演3「和紙の表面観察による繊維調査法 」宍倉 佐敏講師
(講演内に行なう繊維分析の原物と画像の担当:吉野敏武・日野楠雄)
14:10-15:00 講演4「料紙繊維の非破壊調査について -撮影機器とその使用法- 」高橋 裕次講師
15:00-15:20 休息
15:20-16:00 講演5「古文書・古典籍の料紙素材 -近年の料紙調査の報告から- 」増田 勝彦講師
16:10-16:50 総合討議
16:50-17:00 閉会挨拶 増田 勝彦(和紙文化研究会副会長)
17:00     閉 会

申込み方法

[参加費]

一般 Aタイプ 3500円
(機関誌『和紙文化研究』第23号及び講演要旨集を含む)

[定員]

第一会場 90名
第二会場 50名(講演会場とは別室で映像と音声のみ)

[参加申し込み方法]

一般の方々へ
参加費の事前払い込みにより先着90名様を受け付けます。メールあるいは特設電話により確認後、郵便振替用紙に住所、氏名、電話・FAX、 (メールアドレス)をご記入の上、参加費を払い込みください。入金確認後、参加証をお送りいたします。
第一会場が満員になった時は、ビデオ中継により第2講義室での聴講を準備しております。ただし、中継画質が悪く、また中継の中断も懸念されております。これらの点をご了承いただいた場合には、3000円で参加していただけます。第一・第二を指定することはできません。また、どちらからの移動もできません。


和紙文化研究会会員の方々へ
個人会員‥‥申込・会費共に不要です。
賛助会員‥‥2名までは申込・会費共に不要です。3名以上のご参加の節は、3名様から一般の方々と同じ申込が必要です。なお、会員も第一・第二を指定することはできません。

[振込先]
郵便振替口座:00170‐8‐402506
「和紙文化講演会」

[締切]
2015年10月28日(水)

[事務局]

〒110‐8714 東京都台東区上野公園12‐8
東京藝術大学 大学院美術研究科 保存科学気付

第23回和紙文化講演会事務担当 稲葉政満
(常駐ではありません)

東京藝大内FAX 050‐5525‐2505

特設 携帯電話 080‐5860‐5943
(この特設電話は会期までの平日、午後1時~6時)

メール washibunka.koenkai@gmail.com
主催 和紙文化研究会

後援 文化財保存修復学会

※なお、講演内容及び講師の先生方に変更があった場合は、本HPにおいてご連絡いたしますのでご確認下さい。


●グーグル提供広告