藝能史研究會第39回東京例会・テーマ「記された音楽の世界―楽書、説話、唱導書から―」(2015年12月6日(日)、二松學舍大学 九段キャンパス。入場無料・申し込み不要)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~geinoshi/tokyoreikai.html
——————–
テーマ 記された音楽の世界  ― 楽書、説話、唱導書から ―
日  時 : 2015年12月6日(日)
     午後1時~5時
 場  所 : 二松學舍大学 九段キャンパス
    (東京都千代田区三番町6-16)
地図
   アクセス:地下鉄各線「九段下」駅徒歩8分、JR・地下鉄各線 「市ヶ谷」駅または「飯田橋」駅下車徒歩15分
基調講演
磯水絵 氏   音楽説話と楽書の伝承
報告
猪瀬千尋 氏  綾小路家の書物群と音楽伝承―神楽、催馬楽、朗詠、今様―
神田邦彦 氏  狛近真の陵王荒序相伝とその史料
柴佳世乃 氏  唱導書に見る音楽・音曲
 *報告後に総合討論をおこないます
入場無料  申し込み不要
藝能史研究會会員でない方もご自由にご参加ください。