« 『国語と国文学』平成27年11月特集号(広告掲載) | メイン | 平成27年度 東洋大学文学部伝統文化講座 王朝文学と歌舞伎舞踊 ~"須磨"を舞台とした物語の真相を探る~(2015年11月14日(土)、白山キャンパス) »

2015年10月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京国立博物館 平成館 企画展示室「伊能忠敬の日本図」(2015年10月14日(水)〜12月23日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1757
--------------------

伊能忠敬の日本図
平成館 企画展示室 2015年10月14日(水) ~ 2015年12月23日(水)

伊能忠敬(1745~1818)は、九十九里浜の近くに生まれ、佐原(千葉県香取市佐原)の商家の養子となってその経営に力を尽くしました。天文、地理、数学などの学問を好み、50歳で隠退すると江戸に出て幕府天文方の高橋至時(たかはしよしとき)に師事し、本格的に天文学や測量術を学びました。地球の緯度1度の正確な値を確定することを志し、1800年(寛政12)に、ほとんど独力で蝦夷地(北海道)を測量して、地図を作りました。忠敬の測量事業と地図は幕府の注目するところとなり、その後幕府の命を受けて、亡くなるまでのほとんどの時間を全国の測量に捧げました。その成果は日本全図である「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」として忠敬没後の1821年(文政4)、幕府に提出されました。
伊能忠敬が作成した地図は伊能図と呼ばれ、縮尺によって大図・中図・小図と分類されます。幕府に提出された図は明治時代に火災によって失われ現在見ることはできませんが、当館には伊能忠敬とその関係者がさまざまな機会に作成した各縮尺の良質な日本図が伝来しており、これらを比べながら見ることができます。今回の特集では代表的な伊能図の他に、今井八九郎の蝦夷地の地図や、世界図なども展示します。また、特集に合わせてミュージアムシアターでも伊能図を題材とした「伊能忠敬の日本図」を上演します。


●グーグル提供広告