第14回 ザ・グレイトブッダ・シンポジウム「古代東大寺の世界ー『東大寺要録』を読み直すー」(平成27年12月19日、20日、東大寺総合文化センター・金鐘ホール)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.todaiji.or.jp/contents/lecture/kongo/

——————–
時間
19日(土)は13:30~17:00、
20日(日)は10:00~17:00(両日ともに1時間前会場)
入場無料 先着300名まで
主催 東大寺・大仏奉賛会
お問い合わせ先 GBS事務局
〒630-8208 奈良県奈良市水門町100 東大寺図書館内
TEL 0742-22-5511(東大寺代表)
プログラム
〈第一日目〉
開会の挨拶
筒井寛昭/華厳宗管長・東大寺別当
基調講演
栄原永遠男 / 大阪市立大学名誉教授・東大寺史研究所所長
「『東大寺要録』は何を引用したか」
特別講話
森本公誠 / 東大寺長老
「草創期の東大寺僧に思いをはせて」
〈第二日目〉
研究報告1
吉川真司 / 京都大学教授
「古代東大寺の楽舞と楽人」
研究報告2
王勇 / 復旦大学特聘教授・浙江工商大学東亜研究院院長(中国)
「ブックロードにおける闕本・草本・真本・好本 ─『東大寺六宗未決義』を史料として─」
研究報告3
ブライアン・ロー / ヴァンダービルト大学准教授(アメリカ)
「ネットワークとしての東大寺」
研究報告4
佐藤信 / 東京大学教授
「『東大寺要録』にみる本願聖武天皇とその文書
総合討論・まとめ
司会:石上英一/東京大学名誉教授
閉会の挨拶