« 文教大学大学院付属言語文化研究所 2015年度 第2回 研究例会(2015年11月25日(水)) | メイン | 第8回能のことばを読んでみる会《自然居士》(2015年11月23日(月・祝)、東山いきいき市民活動センター(京都市)) »

2015年10月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第14回「万葉講演会」「山辺道―景とその心―」講師:村田右富実氏(2015年10月29日(木)、大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.osakafu-u.ac.jp/extension/evt20151029.html
--------------------

第14回 「万葉講演会」
開催日 2015年10月29日(木)14時~15時45分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 学術情報センター Uホール白鷺
(注意)駐車場はありませんので、電車・バス等をご利用ください。
概要
大阪府立大学では、下記のとおり第14回「万葉講演会」を開催いたします。
今回は、「山辺道―景とその心―」をテーマに、本学 教授 村田右富実による講演会を開催します。また当日は、奈良県の「記紀・万葉プロジェクト」の同時展示と、マスコットキャラクターである「せんとくん」が登場いたします。

「山辺道―景とその心―」
大和盆地の東端を南北に走る山辺道は、我が国最古の道の一つである。現在でも多く人々がこの道を歩く。本講演では、山辺道の万葉歌を入江泰吉氏の写真と共にめぐる。古代大和の心象風景を描き出したいと考えている。

【同時開催 奈良県「記紀・万葉プロジェクト」展示】
 日時 2015年10月29日(木)11時~16時30分
 場所 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 学術情報センター Uホール白鷺
 入場料 無料(申込不要)
 
■奈良県「記紀・万葉プロジェクト」
平成24年(2012年)『古事記』完成1300年から平成32年(2020年)『日本書紀』完成1300年というふたつの節目の年をつなぐ9年間にわたるプロジェクトです。『古事記』『日本書紀』が編纂され、数多くの万葉歌が詠まれた地・奈良県では、「記紀・万葉集」をはじめ、そのほか連綿と受けつがれてきた様々な文献、地域の伝承なども含む豊かな歴史素材を活用しながら、多面的にすすめています。

【主催】 大阪府立大学 地域文化学研究センター、上方文化研究センター、生涯教育センター
【協力】 入江泰吉記念奈良市写真美術館
関連情報 第14回「万葉講演会」 チラシ pdf (750KB)
定員 400名
受講料 1,000円(資料代、萬葉寫眞簡1枚込み)
申込み期間 2015年10月16日(金)【必着】
受講票は10月13日(火)頃から随時発送
お申込み・お問合せ先(お申込み先)
〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学 地域連携研究機構 生涯教育センター「万葉講演会」係
Eメール manyou14[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

(お問合せ先)
大阪府立大学 地域連携研究機構 地域連携室(担当 湯井)
Tel 072-254-9942(直通)
お申込み方法 「往復はがき」または「Eメール」に「万葉」と明記し、(1)郵便番号・住所、(2)氏名(ふりがな)、(3)電話番号を記入の上、上記までお申し込みください。(1人1通)
(注意)携帯メールでの受付はしておりません。
(注意)お申込の際の個人情報は、応募後の問合せ連絡、統計資料等の作成、並びに本学公開講座のご案内に使用いたします。目的以外の使用については、一切いたしません。


●グーグル提供広告