« 「ことば」展示(平成27年10月17日 (土)、国立国語研究所) | メイン | くまもと文学・歴史館 熊本県職員(学芸員)募集(2015年10月16日 消印有効) »

2015年9月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●JSL漢字学習研究会(2015年10月17日(土)、政策研究大学院大学 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://jsl-kanji.com/event/20151017.html
--------------------

第57回 研究会(2015.10.17開催)

日程

日程:2015年10月17日(土) 14:30~17:30(14:00~14:30の間にご来場ください。)
会場:政策研究大学院大学 講義室5A(*都営大江戸線六本木駅,東京メトロ日比谷線六本木駅,東京メトロ千代田線乃木坂駅をご利用ください。)
参加方法

資料代:500円
参加申込(必須):前日(10月16日(金))昼12:00までに,「研究会参加申込」ページよりお申込ください。(先着順に受付いたします。会場の都合がありますので,必ず前日までにお申込ください。申込時に問題が生じた場合は,メール(sanka@jsl-kanji.com)でご連絡ください。)
発表

タイトル:中級非漢字圏学習者のためのよりよい漢字指導を目指して-読みと繰り返しに重点を置いた指導-
発表者:佐藤 瑞枝(横浜国立大学大学院修士課程2年)
内容:発表者は現在日本語学校で非漢字圏出身者(中級レベル)を主とするクラスにおいて,漢字教科書『1日15分の漢字練習』に基づいたオリジナル教材を作成し,漢字指導を行っている。オリジナル教材は,漢字の読みを重視し,計画的に学習漢字との接触を繰り返させることを目的としており,2014年度より改良を重ねながら使用している。本発表ではその実践の経緯とそこで得られた成果や問題点を発表したい。
【教材紹介】ワークショップ

タイトル:漢字を楽しく深く学ぶためにー『上級・超級日本語学習者のための考える漢字・語彙 超級編』ー
話題提供者:藤田佐和子(金沢大学留学生センター非常勤講師)​
​​内容:漢字・語彙を楽しく深く学ぶための上級漢字語彙教材について発表する。金沢大学で10年以上使ってきた教材をもとに作成したもので,学習者が自ら「考える」ことにこだわった教材である。漢字・語彙を受動的に暗記するのではなく,考えて学ぶための様々な問題(例えば,用例から推測し,自らルールを見いだし,それをもとに解く問題など)を作成した。「考える」問題に取り組むことによって,学習者には能動的な楽しい漢字・語彙学習が可能となった。
おしゃべり交流会(17:30まで)

ワークショップ終了後は,会場を17時30分まで,参加自由の交流の場として開放いたします。参加者同士の交流の場としてご活用ください。みなさまと交流できるのを楽しみにしております。
地震・停電への対応について

前日までに計画停電が発表されたり,大きな災害が起きたりした場合は,開催の可否について,当サイトにお知らせを掲示いたします。サイトにアクセスできない方は,メール(sanka@jsl-kanji.com)でお問い合わせください。
当日,停電・災害等が発生し,研究会を延期または中止とする場合は,当サイトにお知らせを掲示し,さらに参加申込者全員にメールにてお知らせいたします。
研究会の会場が停電となった場合は電話も使えなくなりますので,お手数をおかけいたしますが,メール(sanka@jsl-kanji.com)でのご連絡をお願いいたします。
会誌購入のお願い

研究会受付にて,会誌販売を行います。1冊700円です。見本を受付に置いておきますので,お手に取ってご覧ください。研究会開始直前は受付が混雑しますので,休憩時間や研究会終了後にお買い求めいただければ幸いです。また,会場に準備できる冊数に限りがありますが,売り切れた場合も,会場でお申し付けいただければ,送料無料にて郵送いたしますので,お声かけください。会誌購入の代金は,研究会の運営費として運用してまいります。
その他

転送は歓迎いたします。
今回は会場の都合により,事前に参加申し込みをしていただく必要がございます。ご協力をお願いいたします。


●グーグル提供広告