日比嘉高氏「文科省の文系学部軽視は「誤解」なのだろうか 鈴木寛氏の記事を起点に考える」(BLOGOS)

【はじめに
最近、いくつかの記事やら情報を見て思うのですが、文系学部大学院の廃止・転換問題について、文科省は少し軟化姿勢を見せているようです。
下村文部科学大臣は『日本経済新聞』(2015年8月10日)のインタビューで「文科省は国立大学に人社系が不要と言っているわけではないし、軽視もしていない。すぐに役立つ実学のみを重視しろとも言っていない」とか、「廃止」は教員養成系学部の「新課程」(教員免許取得を義務づけていない課程。いわゆる「ゼロ免課程」)だけなのだと述べています。また、先日批判の声明を出した日本学術会議に対する文科省のレスポンスの報告が、私のところもメールで転送されて回ってきましたが、そこでも同趣旨のことが書かれていました。
そして8月17日に、鈴木寛文部科学大臣補佐官によるDIAMOND Onlineの記事「「大学に文系は要らない」は本当か?下村大臣通達に対する誤解を解く(上)(下)」が出ました。文系軽視というのは「誤解」だという長文の見解です。
文科省は、予想外の世論の反発に、少し慌てているように見えます。つまり批判は、効いています。引き続き、この天下の愚策への批判をし続けるべきと私は思います。】
つづきはこちらから。BLOGOS。
http://blogos.com/article/132514/