« 山梨英和大学・教授または准教授の公募(日本語教育(日本文学の研究・教育を含む)、教職課程(国語)担当)(2015年10月30日 必着) | メイン | 図書館協会選定図書(第2964回、15039534)・片桐洋一『新装版 小野小町追跡 「小町集」による小町説話の研究』 »

2015年9月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●ラジオドラマで聴く <大西巨人 神聖喜劇> ー戦争とは何か?人間とは何か?(2015年9月19日(土)、武蔵野公会堂 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公演情報です。

●公式サイトはこちら
http://yujinplanning.com/
--------------------

『神聖喜劇』――大西巨人が25年の歳月を費やして執筆した、原稿用紙4700枚からなる戦後文学の金字塔。
映画のシナリオ化(2004年)、漫画化(2006年)に続き、2009年10月、日本大学芸術学部の学生らによって舞台化され、2010年3月には短縮版が再演され大きな反響を呼び、また今、にわかに再評価の気運が高まってきています。
舞台の脚本を手がけた新進気鋭の脚本家川光俊哉さんらが、今般ラジオドラマ「神聖喜劇」を製作しました(生前の巨人さんによる冒頭部分の短い朗読も含まれています)。
2015年9月24日深夜、全国のコミュニティエフエム局での本放送に先立ち、このラジオドラマの試聴を柱としたトークイベントを別紙(下記)のとおり開催することになりました。
戦後70年の今年、なぜ私たちは「神聖喜劇」に惹きつけられるのか、この作品に造詣の深い方たちのトークを聞きながら、その意味合いを探っていきたいと思います。
ご参加お待ちしております。
               記

とき 2015年9月19日(土)開演19時
ところ 武蔵野公会堂(180-0003 武蔵野市吉祥寺南1-6-22)
出演者 大西赤人(小説家・評論家)
    川光俊哉(脚本家・小説家)
    齋藤秀昭(大正大学・十文字学園女子大学非常勤講師)
    鈴木邦男(著述業・「一水会」顧問)
進行  坂元勇仁(ユージンプランニング番頭)
内容  part1 ラジオドラマ「神聖喜劇」を聴く
    Part2 「神聖喜劇」をめぐって~トークセッション~
入場料 1,500円(税込)
お申し込み先 ユージンプランニング
   電話 03-3239-1906
   ファクス 03-3239-1907
   メール kigeki@yujinplanning.com


●グーグル提供広告