« 『太平記』国際研究集会編『『太平記』をとらえる』第二巻(笠間書院) | メイン | 集英社高度教養寄付講座 第4回講演会 アカデミズムとパフォーマンスのあいだで -研究・翻訳・創作・上演(2015年11月21日(土)、東京大学本郷キャンパス ※要申込) »

2015年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際日本学インスティテュート 2015年度「国際日本学合同演習」特別公演「沖縄古典舞踊を観る」(2015年10月3日(土)5~6時限目(16:50開演、所要約2時間)、法政大学市ヶ谷、申込不要、学外OK)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公演会情報です。

--------------------

【日時】2015年10月3日(土)5~6時限目(16:50開演、所要約2時間)
【会場】法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎6階 薩埵ホール

【出演】瑞慶山和子(真踊流 佳瑞の会会主)
【解説】屋嘉宗彦(法政大学大学院国際日本学インスティテュート教授)

―学内外の皆様のご参加をお待ちしています。申し込み不要―

 国際日本学インスティテュートの必修科目「国際日本学合同演習」では、年2回、外部より講師をお招きし、講演会を開催しています。秋学期は「沖縄古典舞踊を観る」と題して、沖縄古典舞踊の公演会を企画しました。公開制で開催しますので、関心のある方のご参加をお待ちしています。
 
 現在、沖縄古典舞踊と呼ばれているのは、創られた時期で区別すると、王朝時代に宮廷で創られたものと明治になってから創作されたもの(雑踊)、そして現代の創作古典舞踊の三つになります。今回は、そのすべてを見ることができます。また、踊りに即して区別すると、古典女踊り、若衆踊り、二才踊り、打組み踊りなどがありますが、今回はこれもバランスよく三つ入っています。身体の軸を揺らすことなく踊るのが基本で、それでいて時に妖艶に、また時には軽妙・軽快に歌の情趣を表現します。歌詞を理解してみていただくことで、よりいっそうの味わいを感じることができます。

 沖縄の舞踊界で高名な故・真境名由子さんの高弟である瑞慶山和子さんとその門人・一門の踊り手の方たちが演じます。

〔プログラム〕
■解説「沖縄の歌と踊りの歴史」 屋嘉宗彦
■公演
 ① 若衆こてい節 大和田文子、小野真弓
 ② 四つ竹 瑞慶山和子、宮城りつ子
 ③ かせかけ 仲吉くみ、柳井玲子
 ④ むんじゅる 真境名由佳子
 ⑤ 貫花 大和田文子、小野真弓
 ⑥ 鳩間節 真境名由佳子
 ⑦ うむい 瑞慶山和子
 ⑧ 高平良万歳 宮城りつ子
  ※各演目のはじめに、歌詞解説を行います。
■質疑応答

問い合わせ先 国際日本学インスティテュート運営委員長
小秋元 段(03-3264-9799 dkoakimt(アットマーク)hosei.ac.jp)


●グーグル提供広告