« 金沢文庫特別講演会・小峯和明氏 (立教大学名誉教授)「説草からみる説話世界」(平成27年11月8日(日)、要申し込み=平成27年10月28日(水)必着) | メイン | 東洋大学東洋学研究所研究所プロジェクト・公開講演会・船山徹氏(京都大学人文科学研究所教授)「思想史のための文献学─『梵網経』の研究史と今後の展望」(9月26日(土)、東洋大学白山キャンパス 6号館1階 第3会議室、入場無料 予約不要) »

2015年9月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●三沢市寺山修司記念館・生誕80年記念 特別企画展vol.2 『寺山修司の60年代』 〜ガラクタのもっとも光り輝いていた時代〜 (2015年10月6日(火)〜2016年3月31日(木))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.terayamaworld.com/museumnews/2015/09/post-99.html

--------------------

●会  期=2015年10月6日(火)〜2016年3月31日(木)
●開館時間=9:00〜17:00(入館は16:30まで)
●入 館 料 一般個人 530円(常設展310円+企画展220円)
      一般団体 430円(20名以上)
      高大生100円 小中学生50円  ※土曜日は、小中学生無料
●会  場=寺山修司記念館エキジビットホール

【本企画展は、寺山60年代の仕事と私生活との全体像を見渡しながら、その数多くの作品群に新たな光をあてる試みです。
  1954年、寺山修司は念願の早稲田大学に合格して上京しました。しかし、その喜びもつかの間、突然ネフローゼを発病し、新宿社会保険中央病院に入院してしまいます。長い病床生活、死の淵から奇跡的に生還した彼を待っていたのは、激動の60年代の幕開けでした。
  時代の波を真っ向から受けながら、寺山はひるむことなくエネルギッシュにあらゆるジャンルに挑み続け、その才能を爆発的に開花させていきます。
  ラジオ、テレビ、映画など急成長するメディア媒体とともにあった寺山からは次々に膨大な数の作品群が生み出され続けました。また、彼はあらゆるジャンルの若き才能たちと出逢い、触発しあい、融合しながら、街や路地裏で、境界を越えたキメラのような芸術をつくりあげていきます。そのエネルギーのうねりは、やがて演劇実験室◎天井桟敷の旗揚げへと、むかっていったのです。
  私生活では、憧れの女優・九條映子との恋と結婚という幸福な時間を迎えます。しかし、それは同時に、母はつとの深い亀裂と長い葛藤の日々への始まりでもありました。
  家、国、伝統、常識への懐疑、反抗、抵抗。
  世界にNo と言い出した同時代の若者たちのなかで、東京を、世界を、必死に追いかけていたはずの寺山は、いつしかそれらに追いつき、追い越し、やがて時代のアジテーターへと変貌していきます。
  今回、青森県初公開となるのは、2013年に発見されたミュージカル「青い種子は太陽のなかにある」の直筆草稿。寺山がどのように劇をつくりあげていったのか、そな過程がよくみえる貴重な資料です。本作品は寺山生誕80年の今年、蜷川幸雄演出、亀梨和也主演で現代に甦り、1960年代に20代の寺山が世に投げかけた質問が50余年を経た今も古びていないことを証明してみせました。この時期はシナリオライターとして作品を量産し続けた寺山ですが、特にラジオドラマは世界的に高い評価を受け、後の天井桟敷芝居の重要な基盤となっていきます。そのラジオドラマ処女作の直筆原稿、60年代全著作本、写真家・森山大道らとの仕事など、ジャンルを越えて活躍した寺山作品を多角的な視点で展示します。
 ガラクタがもっとも輝いていた疾風怒濤の60年代を駆け抜けた、若きテラヤマの日々。その軌跡をご覧ください。】


●グーグル提供広告