茂木本家美術館 企画展「妖術使いと妖怪」展(平成27年9月2日(水)~10月18日(日)※要予約)

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.momoa.jp/exhibition1.html
——————–
企画展
「妖術使いと妖怪」展
平成27年9月2日(水)~10月18日(日)
 
 今や子供だけではなく、大人も虜にしている妖怪ですが、大蝦蟇や天狗、骸骨など浮世絵の中にも様々な妖怪が描かれており、怖いながらもどこかユーモラスな妖怪は昔も人気でした。
 本展覧会では、蝦蟇や蛇を操る妖術使いや、妖怪を見る人間の姿を題材としたシリーズである三代歌川豊国の「豊国揮毫奇術競」、月岡芳年の「新形三十六怪撰」を中心に、歌川国芳の代表作の一つ「相馬の古内裏」など様々な妖怪画をご紹介します。この機会にぜひ、奇想天外な妖怪や妖術使いに会いにきませんか?
ご予約のお願い
皆様にゆっくりご鑑賞いただくために、ご予約をお願いしております。
※ご予約のない方でも、定員に余裕がある時にはご入場いただけます。
 ご予約専用電話: 04-7120-1489
入館料(一人)
入館料 個人 団体(20名様以上)
大人 700円 600円
小中学生 400円 300円
開館:水曜~日曜 10:00~17:00(月曜、火曜休館)
※ご入館は16:00まで
E-mail : momoa@snow.ocn.ne.jp