日本近世文学会平成27年度秋季大会(平成27年11月7日(土)〜9日(月)、徳島文理大学香川キャンパス)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kinseibungakukai.com/doc/taikai129.html
——————–
日本近世文学会平成27年度秋季大会
期日
平成27年11月7日(土)・8日(日)・9日(月)
会場
徳島文理大学香川キャンパス(13号館講義棟1階113教室)
大会プログラム(PDF)
第1日 11月7日(土)/13号館講義棟1階113教室
研究発表会(14:40~15:40)
1 未紹介小津桂窓宛木村黙老書翰七通について 同朋大学 服部 仁
2 近世期の平賀源内伝の検討―『平賀実記』をめぐって― 日本女子大学 福田 安典
講演(16:00~17:00)
近世中期高松藩の政治と文化―平賀源内を生んだ歴史状況― 香川大学名誉教授 木原 溥幸
第2日 11月08日(日)/13号館講義棟1階113教室
研究発表会 午前の部:(10:30~12:00)
3 新出の模写本「熊野懐紙〈河辺落葉・旅宿冬月〉」と徳川家康における藤原定家の筆跡愛好について 大東文化大学 髙橋 利郎
4 二十一史通読に見る林鵞峰の学問姿勢 愛媛大学 田中 尚子
5 二十一巻本『武功夜話』書誌調査報告および尾張藩士内藤東甫享年への疑義
―『前野村前野氏系図』巻二の記述を巡って― 国立豊田工業高等専門学校 松浦 由起
研究発表会 午後の部:(13:30~14:30)
6 永井洵美の文事と活動―中川文庫蔵『洵美草』『行程日之記』周辺をめぐって― 九州情報大学(非) 進藤 康子
7 休甫作『播磨国室津一見道記』について 京都府立大学 母利 司朗
第3日 11月9日(月)
文学実地踏査