第26回書学書道史学会大会(2015年10月3日(土)、4日(日)、國學院大學 常磐松ホール)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://shogaku-shodoushi.org/?p=868

——————–
場所:國學院大學 常磐松ホール
http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/campus_shibuya.html
住所:〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
〈日程〉
【10月3日(土)第1日目】

11:00〜12:50 理事会(若木タワー5階)
13:00〜 受付開始(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
13:30〜14:30 開会式・総会(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
14:40〜15:40 研究発表(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
①14:40〜15:10 「近代以降の有栖川流書道─伝授の変容と継承─」中村健太郎(帝京大学短期大学)[司会:杉浦妙子] ②15:10〜15:40 「美術としての「六朝書」─龍眠会の活動実態を中心に─」中村史朗(滋賀大学)[司会:柿木原くみ] 16:00〜17:30 講演会(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール) ※聴講無料
「漢隷の完成」佐野光一氏(國學院大學教授)
17:50〜19:20 懇親会(若木タワー18階有栖川宮記念ホール)
【10月4日(日) 第2日目】
09:00〜 受付開始(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
09:00〜11:40 研究発表・午前の部(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
③09:30〜10:00 「前漢を中心とした私印の篆体について」安生成美(筑波大学大学院生)[司会:横田恭三] ④10:00〜10:30 「平安古筆にみられる書風変化の一考察─雲紙本と関戸本各和漢朗詠集の漢字部分を中心に─」野中直之(大東文化大学大学院生)[司会:森岡隆] ⑤10:30〜11:00 「朝鮮美術展覧会における書部門廃止と書認識の変容」金貴粉(国立ハンセン病資料館)[司会:富田淳] 11:00〜11:10 休憩
⑥11:10〜11:40 「顔臣清の来日と中国書画の日本への将来」下田章平(水戸第二高等学校)[司会:大野修作] ⑦11:40〜12:10 「西脇呉石の書道観とその評価」林淳(勝山城博物館)[司会:信廣友江] 12:10〜13:50 記念撮影・昼食
「國學院大學博物館」(学術メディアセンター(AMC)地下1階)参観 ※学芸員の方による展示解説あり
13:50〜14:50 研究発表・午後の部(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)
⑧13:50〜14:20 「爨龍顔碑」を中心とする南中大姓爨氏の建碑活動について」橋本栄一(東京学芸大学)[司会:中村伸夫] ⑨14:20〜14:50 「北宋の筆法論と米.の書論」成田健太郎(東京大学附属図書館)[司会:菅野智明] 15:00〜15:10 閉会式(学術メディアセンター(AMC)1階常磐松ホール)