« 高志の国文学館 企画展「山の湯の詩情ー田中冬二へのいざない」(平成27年10月18日(日)~12月21日(月)※前・後期有) | メイン | 芥川龍之介 田端の家復元模型制作記念講演会「田端での父-芥川比呂志」(平成27年11月1日(日)、田端文士村記念館 ※要申込) »

2015年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●小倉百人一首殿堂時雨殿×宇治市源氏物語ミュージアム「紫式部と女流歌人たち 紫式部の和歌と物語」(2015年9月29日(火)〜12月23日(水・祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.shigureden.or.jp
--------------------

小倉百人一首殿堂時雨殿×宇治市源氏物語ミュージアム
「紫式部と女流歌人たち 紫式部の和歌と物語」

2015年9月29日(火)〜12月23日(水・祝)
10:00〜17:00(最終入館16:30)

日本の文化史上、比類のない「女性の時代」に活躍した女流歌人と和歌
『源氏物語』の作者である紫式部は、日本人として初めてユネスコの「世界の偉人」に選定されるなど、日本の歴史上最も有名な女性の一人として知られています。
物語作者として著名な式部ですが、幼なじみとの再会と離別を詠んだ「めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに雲がくれにし夜半の月かな」が百人一首に選ばれ、『源氏物語』には795首の歌が収録されるなど、和歌との関わりも注目されます。
また式部が生きた時代は、藤原道長を中心とする摂関政治の時代であり、清少納言や和泉式部、伊勢大輔などの女房たちが華々しい活躍を遂げた「女性の時代」でもありました。
今回は紫式部を中心に百人一首に名をとどめる同時代の女流歌人に焦点を当て、歌人の画像や和歌、ファッションなどの視点からこの時代の女性たちの実像に迫ります。


●グーグル提供広告