« 杏雨書屋 第63回 特別展示会「皇帝がみた博物図鑑 ―本草品彙精要の世界―」(2015年10月13日(火)~17日(土))・第34回 研究講演会(2015年10月17日(土)) | メイン | 田端文士村記念館、10月1日(木)よりリニューアルオープン。常設展示スペース「知っておきたい田端文士村」新設、企画展「文士の手紙 ~大切な人だけに見せた文士の素顔~」(平成27年10月1日(木)~11月29日(日)) »

2015年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館「名作初版本の魅力―『名著複刻全集』で辿る―」講師:倉和男氏(2015年10月28日(水)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2559
--------------------

名作初版本の魅力―『名著複刻全集』で辿る―

キーワード 日比谷カレッジ
内容 近代文学の名作・名著の初版本は、装幀、挿絵、カバーなど、文学と美術が融合した姿で世に送り出されました。そして、作者や発行者が装いに心をこめて創ったこれらの本は多くの読者を魅了したのです。しかし今日では、初版本は幻となりつつあり、入手困難となっています。1960年代、日本近代文学館は初版本の蒐集、保存とともに、初版原本の装幀から製本までを忠実に再現=複刻し、出来る限りの公開、普及を目指しました。それらが『名著複刻全集 近代文学館』(昭和43年より刊行)です。幾多の困難を乗り越えて完成したその複刻本自体も稀少価値となり、現在では手に入りにくい状態です。この講座では、当時の複刻制作に携わった倉和男氏が、稀覯原本の蒐集の困難や、紙漉き、布染め、漆塗り、印刷、製本の苦労話などをまじえて語ります。当館が所蔵する複刻本を手に取りながら、日本の明治、大正、昭和の出版文化の深さ、多彩な伝統、その醍醐味をお楽しみください。
日にち 2015年10月28日(水) 19:00から20:30
日にち説明 当日の受付は18:30から
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
関連ファイル 講演チラシPDF
定員 60名(申込順)
参加費用 1,000
講師・出演者 倉和男
プロフィール 1939(昭和14)年生まれ。立教大学文学部卒業。
1963(昭和38)年、日本近代文学館創設運動に参加、編集室長として『名著複刻全集』編集・制作も担当。1985年、(財)神奈川県文学振興会(=県立神奈川近代文学館)に出向勤務。事務局長を定年退職後、理事・評議員などを務める。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2015年09月11日 10:00 から2015年10月28日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
関連リンク 公益財団法人 日本近代文学館
神奈川近代文学館


●グーグル提供広告