« 万葉文化館 第12回万葉古代学公開シンポジウム「音と映像で体感する超越性の古層」(2015年9月27日(日)【要申込】) | メイン | 日本学術会議公開シンポジウム「人文・社会科学と大学のゆくえ」に参加してきました。(大学職員の書き散らかしBLOG) »

2015年8月 3日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●日本語古典籍がオープンデータに!(togetter)※国文学研究資料館にて開催された「日本語の歴史的典籍国際研究集会」の初日の模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

@knagasaki氏によるまとめ。
【国文学研究資料館にて開催された「日本語の歴史的典籍国際研究集会」 https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/research20150731.html の初日の模様です。
 色々な発表がありましたが、やはり、ハイライトは、最後に山本和明先生から発表された、CC BY-SAでの日本語古典籍約300点のオープンデータ化の件でしょう。ということでタイトルはそれにしてみました。

大阪大学の岡島先生が、オープンデータ化告知の配布物をFBに掲載してくださいました。⇒ http://on.fb.me/1JWUYIg
つづきはこちらから。togetter。
http://togetter.com/li/855008

○参考
可能性としての古典籍(初日)(忘却散人ブログ)
http://bokyakusanjin.seesaa.net/article/423349040.html

可能性としての古典籍(2日目)
http://bokyakusanjin.seesaa.net/article/423425220.html


●グーグル提供広告