国文学研究資料館・特別展示「韓国古版画博物館名品展」(平成27年10月13日(火)~平成27年11月20日(金))【ワークショップ:東アジアの絵入刊本/担当講師:入口敦志氏/平成27年10月17日(土)】

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
https://www.nijl.ac.jp/pages/event/exhibition/2015/kankoku.html
——————–
会 期:平成27年10月13日(火)~平成27年11月20日(金)
休室日:土曜日・日曜日・祝日
開室時間:午前10時~午後4時30分 ※入場は午後4時まで
場 所:国文学研究資料館1階 展示室
入場無料
主 催:国文学研究資料館
展示のみどころ
 韓国の古版画については、韓国国内でもあまり知られていません。忠や孝などの徳目を奨励するための『三綱行実図』とその影響作はすぐに思い浮かぶのですが、それ以外となるとなかなか名前が出てこないのではないでしょうか。
 しかし、実は韓国にも非常に豊かな版画の世界がありました。韓国古版画博物館のご協力を得て、今回韓国古版画の優品を展示することになりました。恐らく、日本でははじめてだと思われます。この機会に、韓国古版画の世界をじっくりとご堪能下さい。
ワークショップ:東アジアの絵入刊本 版画実演あり
日程・担当講師:平成27年10月17日(土) 入口敦志
場所:国文学研究資料館1階 展示室
特設コーナー
特別展示の一部のスペースを使って、当館の新収資料等を展示します。定期的に展示替えを行いながら、源氏物語、奈良絵本等、様々なテーマを用意します。
<10月13日(火)~11月上旬>
  折々の源氏物語
  ※源氏物語に関する当館所蔵資料を展示する予定です。