ケンブリッジ大学図書館、中国コレクションを電子図書館で公開 甲骨文字や「十竹斎書画譜」など(カレントアウェアネス・ポータル)

【2015年7月23日、ケンブリッジ大学図書館、中国コレクションを電子図書館”Cambridge Digital Library”で公開しました。
公開したコレクションのなかには、商(殷)王朝時代の甲骨文字、1633年に南京の十竹斎で作成された多色刷の初期の例である「十竹斎書画譜」、1127年から1175年の仏教のテキスト、14世紀の桑紙に印刷された紙幣が含まれるようです。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/29165