« 日本出版学会 2015年度第3回(通算第90回)関西部会「日本の出版物流通システム――取次と書店の関係から読み解く」 報告者:秦 洋二氏(流通科学大学商学部准教授)(2015年8月25日(火)、関西学院大学大阪梅田キャンパス) | メイン | 千葉市美術館・開館20周年記念 唐画もん--武禅にろう苑、若冲も(2015年9月8日(火)~ 10月18日(日)) »

2015年8月12日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●資料発掘で地域の歴史・文化の掘り起こし―国立国会図書館が所蔵データの活用を考えるワークショップ開催(MdN Design Interactive)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【国立国会図書館(NDL)は、地域のオープンデータ活用の推進を支援する「アーバンデータチャレンジ2015(UDC2015)」プロジェクトのデータ提供・支援拠点として協力することにあわせて、同館が所蔵するデータの利活用を考えるワークショップ「NDLデータ利活用ワークショップ」を8日、東京本館の新館3階にて開催した。】
つづきはこちらから。MdN Design Interactive。
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42117/


●グーグル提供広告