日本社会文学会 関東甲信越ブロック例会(合評会)(2015年9月26日(土)、早稲田奉仕園(セミナーハウス))

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://ajsl.web.fc2.com/meeting-next.html
——————–
関東甲信越ブロック例会(合評会) NEW!
 
日時 9月26日(土) 14時~17時
会場 早稲田奉仕園(セミナーハウス) スコットホール222号室(2F)
 ※レンガ造りの建物です。
アクセス 地下鉄東西線早稲田駅2または3b(徒歩5分)、副都心線西早稲田駅(徒歩8分)
 または高田馬場駅から都バス(早大正門行)で西早稲田駅(徒歩2分)
 周辺マップ・構内案内図はこちら
テーマ 『社会文学』第42号の合評
 参加者のみなさんは、特に以下の論文をお読みになってご参加ください。
 木村政樹「宮本顕治の〈文学史〉―「『敗北』の文学」論」
 土屋 忍「新宿、大久保の記憶と現在―漱石・芥川の街で―」
 セン・ラージ・ラキ「明治期における『養子/女』―「こしのみぞれ」に代弁されたアイヌ人女性の『声』―」
*以上、3本の論文を中心に、参加者からのご意見・ご質問をお願いいたします。