« 京都精華大学・【日本中古文学】特別任用教員の公募(京都精華大学人文学部)(2015年08月01日 ~ 2015年09月15日 必着) | メイン | 板橋区立美術館 館蔵品展「まあ!オモシロ江戸屏風」(2015年9月19日(土)〜10月18日(日)) »

2015年8月 6日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●8/31(月)19時〜【出演・ロバート・キャンベル氏、十重田裕一氏ほか】占領期日本の「光」と「闇」を、数々の証言とラジオドラマで綴る!TOKYO FM 戦後70年特別番組『ポップコーン・オン・ザ・ギンザ1945-1952』

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【TOKYO FM
出 演: ロバート・キャンベル、十重田裕一、秋吉敏子、湯川れい子、白石加代子、長塚圭史ほか 2015年8月31日(月)19:00~20:45放送

TOKYO FMでは戦後70年特別番組 『ポップコーン・オン・ザ・ギンザ1945-1952』を、8月31日(月)19:00~20:45に放送致します。
戦後70年の礎は、日本が連合国軍の占領下に置かれた1945年~1952年までの7年間にあるのではないか。日本であって日本でなかったこの時期、「リトルアメリカ」と呼ばれた銀座を舞台に、華やかなアメリカ文化の洗礼を受ける一方で、GHQ(連合国軍総司令部)の巧妙な「文化的検閲」が存在しました。
この番組では、アメリカ・メリーランド大学に収められている、GHQによる検閲資料の研究が進んだのをきっかけとして、占領期日本の「光」と「闇」を見つめ、戦後の日本文化の来し方とこれからを探ります。

出演は、ロバート・キャンベル(日本文学者/東京大学教授)と、十重田裕一(日本近代文学研究者/早稲田大学教授)。当時の日本を知る証言者として、秋吉敏子、湯川れい子も登場します。さらに、時空を超えて占領期日本を案内する一匹の猫の役に、実力派女優・白石加代子。さらに、長塚圭史を筆頭に、演劇を中心に活動する「ゴーチ・ブラザーズ」所属の俳優が、太宰治、坂口安吾、木村伊兵衛など、当時を生きた人々の人間ドラマを演じます。】

詳細は以下より。産経ニュース・PR。
http://www.sankei.com/economy/news/150805/prl1508050141-n1.html


●グーグル提供広告