物語研究会 8月大会(2015年8月17日(月)〜19日(水)、ホテルあかね)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://monogatarikenkyu.sakura.ne.jp
——————–
日 時
2015年8月17日(月) 14:30~18:00(発表)
2015年8月18日(火) 10:00~11:30(発表)/13:30~18:00(シンポ)
2015年8月19日(水) 9:30~11:00(発表)/11:00~12:00(総会)
場 所
ホテルあかね
・JR東海道線「湯河原駅」下車、徒歩約20分。
・ホテルからの無料送迎バスあり(駅からホテルに電話連絡)。
※詳しくは、こちらをご覧下さい。
発 表
■ 【自由発表(17日)】
村上春樹『1Q84』は、「どのように」叙述されているのか
 ―日本語で読むことの意味を端緒に、散文叙述性の検証―
 東原伸明
■ 【テーマ発表(17日)】
 基本構造論(年間テーマ〈規範化〉に寄せて) 藤井貞和
■ 【自由発表(18日)】
『源氏物語』における記憶の機能
 ―少女巻での朱雀院行幸― 井川みなみ
■ 【テーマシンポジウム「規範化と亡霊たち」(18日)】
井上内親王の怨霊化―『水鏡』を中心に― 本橋裕美
「亡霊」が宿る場所 津田博幸
〈亡霊〉に呼びかけられる、あるいは
 規範化される/規範化から逃走する死者たち 高木信
「奇妙な果実」
 ―William Faulknerの”Shall Not Perish”につきまとうもの 越智博美
 (司会:西野入篤男)
■ 【自由発表(19日)】
思うままの手紙―『源氏物語』の手紙の読み方― 篭尾知佳