« 島根県立美術館 企画展「伊藤若冲と京の美術 ―細見コレクションの精華」(2015年9月18日(金)~11月3日(火・祝)) | メイン | 盛岡てがみ館 特別展「竹久夢二の世界」(2015年9月2日(水)~2016年1月19日(火)) »

2015年8月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念 夏季特別展 没後400年 徳川家康-天下人の遺産-(平成27年8月1日(土)〜9月13日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://housa.city.nagoya.jp/exhibition/index.html
--------------------

平成27年8月1日(土)から9月13日(日)

徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念 夏季特別展

没後400年 徳川家康-天下人の遺産-
■会場
蓬左文庫 展示室 1・2
徳川家康の遺産は、江戸時代を通じて尾張徳川家第一の什宝として大切に守り伝えられました。刀剣・武具・茶の湯道具・衣類・書籍など、多岐にわたる遺産は戦国武将の中でも群を抜く質・量を誇っています。徳川家康歿後400年を記念し、尾張徳川家に伝来した家康の遺産「駿府御分物」「駿河御譲本」を通して、家康の生涯をたどります。

徳川家康-天下人の遺産-
徳川美術館の収蔵品の骨格となる徳川家康(1542~1616)の遺産は、江戸時代を通じて尾張徳川家第一の宝物として大切に守り伝えられました。刀剣・武具・茶の湯道具・衣類・書籍など、多岐にわたる遺産は戦国武将の中でも群を抜く質と量を誇っています。また、家康が日常的に使用した道具や着用した衣服の他、国宝・重要文化財に指定された名品の数々は、天下人・家康の生きた時代を反映する希有な歴史的・美術的遺産でもあります。本年は、家康が元和二年(1616)4月17日に75歳で没してより数えて四百年の節目を迎えます。この節目を記念し本展覧会は、尾張徳川家に譲られ、今日まで伝来した家康の遺産「駿府御分物【すんぷおわけもの】」「駿河御譲本【するがおゆずりぼん】」の主要な品々を一堂に展示いたします。蓬左文庫展示室においては、戦国武将・家康を天下人とならしめた軌跡を、徳川美術館・蓬左文庫が所蔵する戦国武将ゆかりの品々を通してご紹介いたします。


●グーグル提供広告