« 山梨県立文学館 企画展「雲母」創刊100年記念 「俳句百景 季節を生きる喜び」(2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝)) | メイン | 京都造形芸術大学・専任教員募集(文芸表現学科)(2015年08月10日 ~ 2015年09月16日 必着) »

2015年8月10日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第2号』特集:大衆化社会と日本語文学(笠間書院・発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

8月中旬刊行です。

40302_k.jpg

東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編
『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第2号』特集:大衆化社会と日本語文学
Border Crossings : The Journal of Japanese - Language Literature Studies Vol.2 
ISBN978-4-305-40302-5 C0095
定価:本体2,000円(税別)
B5判・並製・232頁

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」という日本語文学についての研究者の集団が母体となり、高麗大学校日本研究センターと刊行する学術雑誌『跨境(こきょう) 日本語文学研究』を委託販売いたします。

●『跨境(こきょう) 日本語文学研究』のfacebookページはこちら
本誌への投稿案内もこのサイトで行われる予定です。
https://www.facebook.com/journal.border.crossings

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」は、2013年に設立されたもので、韓国、中国、台湾、日本の各地域の近代日本語文学の研究者が参加しています。本書は、同フォーラムのメンバーを中核としながら、編集担当者の参加地域と参加者数を拡大して刊行します。
編集委員、査読委員は、各地域におけるこの分野の第一線の研究者に協力を仰ぎ、たんに多様な地域をカバーする国際誌であるというだけではなく、質的にもトップクラスの論考が集まる、真の意味での国際誌となることを目指すべく創刊されました。

●創刊の辞
https://www.facebook.com/journal.border.crossings/posts/484339741703657

●『跨境(こきょう) 日本語文学研究』編集委員・査読委員リスト(第2号)
http://kasamashoin.jp/image/journalbordercrossings2_henshu.pdf

雑誌のタイトルとなった『跨境(こきょう)』は境界をまたぐという意味です。たんに越すということではなく、跨いでつなぐ。それぞれの局地性や立場を無視することなく、そこに一方の足場を置きながら、さまざまな〈境〉の向こうに他方の足を伸ばすことを目指しています。
【跨ぐことは、時に越えることよりも難しいかもしれない。だがいまこそ、その試みが必要だ。分断を一気に解消する方策など、ありはしない。すべての多様な人々を包括するような場も、できようはずがない。しかしそれでもなお粘り強く、境を跨ぎ、つなぎ続けることが重要だと私たちは信じる。『跨境/日本語文学研究』が、異なる立場、異なる考えをもつ者たちの、邂逅と対話の場となることを願っている。】...創刊の辞より

第2号は「大衆化社会と日本語文学」を特集します。

----------
[本書の販売方法]

全国の書店でご注文頂けます。
また、以下のサイトで予約・購入可能です。
版元ドットコム●『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第2号』
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-40302-5.html
または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

□第一号はこちら。特集:東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学
http://kasamashoin.jp/2014/09/post_3004.html
----------

【目次】

□エッセイ―跨境の言葉
「日本語文学」と歴史性●金石範
六堂、碧初、春園の日本留学●金允植
ふと、他郷●邊素英

□特集:大衆化社会と日本語文学
1920年代朝鮮半島における在朝日本人の階級言説の形成と文芸欄の中の階級闘争●鄭炳浩
日本植民地期のマスメディアにみる北白川宮像--1910年代を中心に●呉佩珍
植民地台湾的探偵小説からの逸脱―金関丈夫「龍山寺の曹老人」シリーズを中心に●横路啓子
日本戦後の「文壇」諸相とジャーナリズム―批評言説を中心として●王志松
日本伝統文芸とモダン京城の出会い―朝鮮半島における「都々逸」ジャンルの展開を中心として●嚴仁卿
二つの『阿片戦争』試論─戦時下の歴史小説を見る一視座として●単援朝
詩がスポーツをうたうとき―1932年のロサンゼルス・オリンピックの場合●日比嘉高
牛島春子と「満洲文学」とのかかわりについて●林雪星
名探偵の「死」とその後̶―日本の社会派推理小説と中国の法制文学●尹芷汐

□一般論文
「津軽人」太宰治の疎開--「十五年間」、「やんぬる哉」を中心に●李承俊

□研究資料
雑誌「国際女性」の資料的価値●石川巧
内地・外地の出版関連主要法令対照年表・稿--戦前外地の書物流通(2)●日比嘉高
発掘:玄鎭健の『無影塔』の原典--浜口良光の「戯曲無影塔譚(一場)」--●金孝順

□フォーラム参加記
困難に満ちた対話の果ての歓びを―「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」第2回シンポジウムに参加して●久保田淳一

跨境/日本語文学研究 編集委員会規定
跨境/日本語文学研究 査読規定
跨境/日本語文学研究 研究倫理規定
跨境/日本語文学研究 論文投稿規定
跨境/日本語文学研究 原稿作成要領
跨境/日本語文学研究 原稿作成例示
跨境/日本語文学研究 編集委員及び査読委員の名簿


●グーグル提供広告