東大寺総合文化センター・特集展示「江戸時代の大仏開眼・大仏殿落慶供養」(平成27年8月11日(火)~9月14日(月))

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://culturecenter.todaiji.or.jp/news/20150812_88.html
——————–
特集展示 江戸時代の大仏開眼・大仏殿落慶供養
平成27年8月11日(火)~9月14日(月)
【元禄5年(1692)3月、修復が完了した大仏さまの開眼供養会がおこなわれました。期間中の1ヶ月間で30万人を越える人々が東大寺をはじめ奈良を訪れました。
 また宝永6年(1709)4月に18日間おこなわれた大仏殿落慶供養会には18万人もの人々が訪れ、両供養会は、現在毎年多くの人々が訪れる観光都市・奈良誕生のきっかけとなった出来事といえるでしょう。
 今回の展示では法要の詳細な様子はもちろん、当時の風俗までも巧みに取り入れて描かれた両供養会の屏風絵を中心に江戸時代の復興に関係する品々を展示いたします。盛大な供養会の様子や活気溢れる当時の人々の息吹を感じていただきたいと存じます。】