日本社会文学会 2015年度秋季北海道大会・大会テーマ 震災後の文学は可能か(2015年10月3日(土)・4日(日)、北海道立文学館講堂)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://ajsl.web.fc2.com/meeting-next.html
——————–
2015年度秋季北海道大会
 
大会テーマ 震災後の文学は可能か
日程 10月3日(土)、4日(日)
会場 北海道立文学館講堂(札幌市中央区中島公園1番4号)
アクセス 地下鉄南北線「中島公園」駅3番出口徒歩6分
 (出口右手方向に公園内をまっすぐ進むと白い建物が見えます)
 詳しい交通案内は北海道立文学館のHPもご参照下さい。
一般参加歓迎・入場無料
1日目:10月3日(土)午後1時30分より
開会挨拶 小林孝吉(日本社会文学会理事)
《講 演》
池澤夏樹(北海道立文学館館長)「震災後の文学は可能か」
《研究発表》
吉村悠介(北海学園大学)「イーハトヴのテクノロジー」
田中綾(北海学園大学)「北海道におけるGHQ/SCAP検閲」
川村湊(法政大学)「震災後の文学批評」

閉会挨拶 工藤正廣(北海道文学館理事長)
懇親会 ホテルライフォート札幌(HP)
2日目:10月4日(日)小樽文学散歩