« 県立長野図書館・戦後70年特別展 「発禁 1925-1944 戦時体制下の図書館と知る自由」ウェブ企画・ 『出版物差押通知接受簿』から見る「知る自由」 | メイン | 「林芙美子の会」がホームページを開設 »

2015年8月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●山形県立米沢女子短期大学公開講座「幕末期米沢藩士の日記を読む」(2015年10月16日(金)、23日(金)、30日(金)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公開講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.yone.ac.jp/region/H27koukaikouza4.html
--------------------

■講座内容

 明治二年に明治政府の命を受け、北海道磯谷郡(現寿都町)の調査に出かけた、米沢藩馬廻組の山田民弥、ならびに絵図方の浜崎八百寿の日誌が残されており、当時の蝦夷地の様子を2種の記録から読み起こす。

■日時

第1回  10月16日(金) 18:30~20:00
第2回  10月23日(金) 18:30~20:00
第3回  10月30日(金) 18:30~20:00

■内容

第1回 明治初年の調査旅行の様子
第2回 米沢藩士が書き取ったアイヌ由来の言葉を中心に
第3回 明治初年の蝦夷地事情について

■講師

日本史学科 教授 小林 文雄【第1回、第3回】
国語国文学科 教授 山本 淳【第1回、第2回】

■会場

山形県立米沢女子短期大学

■対象・定員

一般 30名

■その他

受付開始日:9月15日(火)
参加費:無料     
筆記用具をご持参ください。

■お申込み・お問い合わせ先

山形県立米沢女子短期大学 事務局 公開講座担当 
TEL 0238-22-7334


●グーグル提供広告