« 奈良県立万葉文化館 講演会「小西國葉が描いた正倉院の宝物」~阮咸・琵琶・箜篌などの楽器を中心に~ 講師:山片唯華子氏(平成27年7月18日(土)) | メイン | 奈良県立万葉文化館 万葉の日 記念フォーラム「「万葉調」の虚像と実像-斎藤茂吉における已然形の異常な用法」講師:品田悦一氏(平成27年9月22日(火・休)※要申込) »

2015年7月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●奈良県立万葉文化館 展覧会「mind of Manyo Part1 すべて見せます万葉日本画~花鳥~」(2015年8月1日(土)~9月13日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=123
--------------------

mind of Manyo Part1 すべて見せます万葉日本画~花鳥~

2015年8月1日(土)~9月13日(日)

このたび、奈良県立万葉文化館では、館蔵品展「mind of Manyo Part1 すべて見せます万葉日本画~花鳥~」を開催いたします。

mind of Manyo Part1 すべて見せます万葉日本画~花鳥~

万葉文化館は平成13年に開館して以来、『万葉集』に詠まれた歌をモチーフに当代一流の日本画家が制作した「万葉日本画」を館蔵品の核として展示してきました。
館蔵品展「すべて見せます万葉日本画展」では、こうした万葉文化館の原点に立ち返り、「万葉日本画」全154点を、今年度から来年度にかけ三期に分けて一挙に展示いたします。
第Ⅰ期の展示テーマは"花鳥画"です。
『万葉集』には、花や鳥を詠んだ歌が数多く存在します。そのため、「万葉日本画」でも同様に、花や鳥をモチーフとした作品が多く制作されています。花と鳥は、古代より自然のなかの生きとし生けるものの代表的存在であり、様々な心情や意味を託されて歌に詠まれ、絵に描かれてきました。
「万葉日本画」に描かれた花や鳥を通して、『万葉集』の世界に触れて頂ければ幸です。

【出品作家】(50音順)

荒井 孝   石黒直子   市川保道   伊藤 彬
稲元 実   今井珠泉   上村淳之   上村松篁
大矢 紀   鎌倉秀雄   川島睦郎   木下育應
倉島重友   郷倉和子   小島和夫   後藤順一
荘司 福   高橋清見   武市美知子  辰巳 寛
田渕俊夫   坪内滄明   豊田美枝子  内藤和子
中島千波   長縄士郎   中庭隆晴   那波多目功一
西村昭二郎  丹羽貴子   野々内良樹  箱崎睦昌
橋田二朗   林 潤一   原 萬千子  広瀬きよみ
福王寺法林  藤井康夫   松尾敏男   三谷青子
三輪良平   村井玉峰   山崎啓次   山﨑隆夫
山中雪人   油野由美子  吉澤照子   吉村誠司
米谷清和   渡辺信喜   渡辺洋子

以上51名

主催:奈良県立万葉文化館

会場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室

毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)

入館料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生300円

●イベント:学芸員によるギャラリートーク 
2015年8月2日(日)午後1時30分から日本画展示室にて開始。
※聴講には観覧券が必要です。


●グーグル提供広告