« 『閑居友』上巻入力終了(やた管ブログ) | メイン | 高岡市万葉歴史館編『越中万葉をあるく 歌碑めぐりMAP』(笠間書院) »

2015年7月15日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●荒木優太「大学は《自由》だから息苦しい」(マガジン航[kɔː])【日比嘉高『いま、大学で何が起こっているのか』への違和感をきっかけに、昨今の大学について考える。】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【なんとも溜息の出る本を読んでしまった。

近代日本文学を専門とする名古屋大学准教授の日比嘉高『いま、大学で何が起こっているのか』(ひつじ書房、2015・5)は、文部科学省を中心に大学改革の名で現在唱えられている、文学部の縮小・廃止政策や人文社会系不要論に対して、社会全体の自由と多様性の観点から危機感を表明する警世の書である。もとは日比のブログで発表されたものだ。】
つづきはこちらから。マガジン航[kɔː]。
http://magazine-k.jp/2015/07/15/freedom-and-university/


●グーグル提供広告