大阪大学文学研究科「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築クラスター」が構想する日本文学研究のこれから ―くずし字解読学習支援ソフトをきっかけとした国際的・学際的な共同研究活性化に向けた試み【飯倉洋一氏】(大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室 URA)

【大阪大学文学研究科は、世界に開かれた人文学研究を推進するために、従来の専門分野の枠にとらわれない研究組織として、平成26年度より「国際的社会連携型人文学研究教育クラスター(略称:人文学クラスター)」Global Linkage Clusters for Humanities (GLinCH)を創設しています 。
今回は、現在活動している5つのクラスターの1つ、「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築クラスター(以下、歴史的典籍クラスター)」の代表、飯倉洋一教授にお話を伺いました。】
つづきはこちらから。大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室 URA。
http://www.ura.osaka-u.ac.jp/uramagazine/vol_022.html#01