« 写本・版本研究集会(2015年9月5日(土)、慶應義塾大学三田キャンパス、北館3階、大会議室) | メイン | くずし字学習アプリ開発のためのアンケート実施中(忘却散人ブログ) »

2015年7月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際シンポジウム 書の資料学 ~故宮からの問い~(2015年9月12日(土)、筑波大学東京キャンパス文京校舎 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●チラシはこちら
http://kasamashoin.jp/blog/20150703.pdf
--------------------

国際シンポジウム 書の資料学 ~故宮からの問い~

古来、書の名筆とされるものの多くは、文学作品の写本や政治文書、或いは写経や手紙など、用途の定まった文献資料としての側面を持ち合わせています。一方で、書の研究には「書論」と称する、書に関する理論や文献を扱う領域も確立しています。文献資料としての書、そして書を理解するための文献資料―このシンポジウムでは、こうした書と文献資料の複合的な関係を、日本と中国双方の比較も視野に多角的に考察します。特に今回は、国立故宮博物院書画処よりお二人の気鋭の研究者をお招きし、本テーマに関する最新の研究成果をご講演いただきます。

日時 2015年9月12日(土)10:30~17:00

場所 筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室(文京区大塚3-29-1)

参加費 無料 どなたでもご参加いただけます。参加をご希望の方は、事前に住所・氏名・電話番号(またはEメールアドレス)を FAX 029-853-2715へご連絡ください。

主催 「書の資料学」実行委員会(代表者 菅野智明 日本学術振興会科学研究費助成事業 JSPS24320066)

共催 筑波大学

プログラム

受付 10:00~ 開会挨拶 10:30~10:35

第1部 研究発表 10:35~12:05

明末における書体論の諸相
 尾川明穂(安田女子大学助教)
松花堂昭乗筆『詠歌大概』(国文学研究資料館蔵)所収秀歌撰について
 山口恭子(都留文科大学非常勤講師)
清代書法指南書の受容と展開
 髙橋佑太(相模女子大学非常勤講師)

第2部 基調講演 13:00~15:00

『石渠宝笈三編』に見る碑帖と碑学の関係についての初探
 何炎泉氏(国立故宮博物院書画処副研究員兼科長)
書は人を以て伝う―趙孟頫書「絶交書」の考察
 陳建志氏(国立故宮博物院書画処助理研究員)

第3部 討議 15:15~17:00

登壇者 何炎泉氏 陳建志氏 家入博徳 矢野千載 

登壇者提言
日本書論にみる中国書論の受容
 家入博徳(國學院大学兼任講師)
高村光太郎書「雨ニモマケズ」詩碑に見られる原文および碑銘稿との相違について
 矢野千載(盛岡大学教授)
司会 菅野智明(筑波大学教授)

問い合わせ先
〒305-8574つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術系 菅野研究室
TEL/FAX 029-853-2715


●グーグル提供広告