熊本大学・稲葉 継陽氏・知のフロンティア講座「織田信長研究の最前線-信長の『天下』をめぐって-」(2015年08月25日 、熊本大学黒髪南キャンパス 工学部百周年記念館、要申し込み)

講演会情報です。
公式サイトはこちら
http://www.kumamoto-u.ac.jp/syakairenkei/chiikirenkei/news/h27frontier-inaba

——————–
【−戦国動乱に終止符を打つべく、「天下布武」のスローガンを掲げて登場した織田信長。室町幕府を滅亡させて安土に築城し、楽市楽座などの革新政策を実行しながら、鉄砲隊導入による革命的な軍団でもって一向一揆や諸大名を屈服させた信長は、天下統一の目前で本能寺にたおれるも、その遺業は豊臣秀吉に引き継がれた。
これは、高校の教科書にも明記されている、誰もが良く知る信長像です。しかし近年の研究によって、その全面的な見直しがすすめられているのです!
 今年2月に放映された「くりぃむしちゅーの歴史再発見 信長59通の手紙を解読せよ」には収まりきらなかった最新の研究成果や、古文書から導き出される驚くべき”事実”の数々。これらによって、信長像を描き直すワクワク感を味わってみましょう。】
日時 2015年08月25日
15時00分 から 17時00分 まで
場所 熊本大学黒髪南キャンパス 工学部百周年記念館