京都市学校歴史博物館・企画展「戦争と学校-戦後70年をむかえて-」(期間 :平成27年7月4日(土)~10月6日(火))

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://kyo-gakurehaku.jp/exhibition/h27/0704/index.html

——————–
【戦時下の学校生活とは,
そして戦争は学校に何を残したのか
 今年は,第二次世界大戦の終戦から70年の節目をむかえます。開戦後,学校はしだいに戦時色が強まっていき,昭和19年から本格的な学徒勤労動員,昭和20年から学童集団疎開も始まり,終戦を迎えます。ただし「終戦」というのは,あくまで戦いが終わったということ。食糧不足,戦中戦後の学校再編,学童疎開・学徒勤労動員の経験,親の戦死など,戦争の影響や記憶は「戦後」も残り続けます。本展では,市内の小学校・中等教育の学校(今の中学・高校)を対象に,戦時下の学校生活がいかなるものであったのか,そして戦争が「戦後」の学校にどのような影響を与えたのかをふりかえります。】
会期 平成27年7月4日(土)~10月6日(火)
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)・12月28日~1月4日
開館時間 午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
入場料 大人200円 小・中・高生100円
  (20人以上の団体は,大人160円 小・中・高生80円)
  ※上記の入館料で常設展示と企画展示をご覧いただけます。