« 千代田区立日比谷図書文化館 江戸歴史講座第34回「錦絵誕生250年記念 浮世絵と江戸の大地震〜鯰絵とよみがえる情景」講師:藤澤 紫氏(2015年9月14日(月)※要申込) | メイン | ミュージアム連携事業「夕涼み浮世絵講座」講師:日野原健司氏・藤澤紫氏(平成27年8月7日(金)、國學院大學渋谷キャンパス ※要申込) »

2015年7月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●松本清張記念館 戦後70年特別企画展「清張と戦争―読み継がれる体験と記憶」(平成27年8月1日(土)~12月23日(水・祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kid.ne.jp/seicho/html/event/kikaku.html
--------------------

1.開催期間
平成27年8月1日(土)~12月23日(水・祝)

2. 会  場
松本清張記念館2階「ホール」

3.入場料
常設展示観覧料に含む。
一般 500円 中高生 300円 小学生 200円

4.開催趣旨
 本年は第二次世界大戦終結後70年の節目の年にあたります。
 松本清張は昭和18年10月、33歳で教育召集となり、三ヵ月後に一旦解除となりますが、19年6月に再度召集され、衛生兵として従軍し、20年8月15日、朝鮮半島で敗戦を迎えました。
 軍隊の中の人間関係、上下関係、そして強固な官僚機構を確かな視線で捉えたことが、後の作品世界にはかり知れないほどの理解をもたらすこととなりました。
 本企画展では、自伝的作品である「半生の記」を中心に、清張の戦争体験、戦時下での様々な出来事、それらを色濃く写した作品世界を、今に残る史料とともに紹介します。


●グーグル提供広告