« 静岡市立清水中央図書館、所蔵する『徳川文庫-慶喜家コレクション-』の一部をデジタル化し、館内で公開(カレントアウェアネス・ポータル) | メイン | 千代田区立日比谷図書文化館 江戸歴史講座第34回「錦絵誕生250年記念 浮世絵と江戸の大地震〜鯰絵とよみがえる情景」講師:藤澤 紫氏(2015年9月14日(月)※要申込) »

2015年7月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館 江戸歴史講座第33回「笑いと親しみの化け物像~江戸のコミック、黄表紙の中の化け物たち」講師:アダム・カバット氏(2015年8月4日(火)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2477
--------------------

江戸歴史講座第33回 「笑いと親しみの化け物像~江戸のコミック、黄表紙の中の化け物たち」

キーワード 日比谷カレッジ

内容 江戸時代の娯楽本で庶民に愛された黄表紙には個性豊かな化け物たちが登場する。
おどろおどろしい妖怪像に対し黄表紙に登場する化け物たちはどこか滑稽でかわいらしい。化け物が化け物らしく描かれるほどその姿は鏡のように当時の世相を映し出していく。化け物たちが生まれ、生き生きと過ごした江戸とはどんな時代だったのか。
黄表紙に描かれた化け物像から江戸の姿を探る。

日にち 2015年08月04日(火) 19:00から20:30
日にち説明 当日の受付開始 18:30~
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(申込順)
参加費用 1000円(千代田区民500円)
講師・出演者 アダム・カバット
プロフィール ■アダム・カバット
武蔵大学人文学部日本・東アジア文化学科教授
アメリカ・ニューヨーク生まれ。東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻博士課程満期退学。専攻は日本近世文学。江戸時代の妖怪、化け物について独自の視点で研究を重ねる。
著書『江戸の化物』(岩波書店)『江戸滑稽化物尽くし』(講談社)など。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
申込期間 2015年06月25日 00:00 から2015年08月04日 19:00
申込方法 電話(03-3502-3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会)、②お名前(よみがな)③電話番号をご連絡ください。


●グーグル提供広告