【日本学術会議】幹事会声明「これからの大学のあり方-特に教員養成・人文社会科学系のあり方-に関する議論に寄せて」を公表(平成27年7月23日)

日本学術会議サイトに、
【幹事会声明「これからの大学のあり方-特に教員養成・人文社会科学系のあり方-に関する議論に寄せて」を公表いたしました。(平成27年7月23日)】がアップ。
http://www.scj.go.jp
【文部科学大臣は、去る6月8日、各国立大学法人に対して、「国立大学法人等 の組織及び業務全般の見直しについて」の通知 1を行った。そこでは、国立大学 法人の組織の見直しに際して「特に教員養成系学部・大学院、人文社会科学系 学部・大学院については、18 歳人口の減少や人材需要、教育研究水準の確保、 国立大学としての役割等を踏まえた組織見直し計画を策定し、組織の廃止や社 会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めることとする」とさ れている。このことがわが国における人文・社会科学のゆくえ、並びに国公私 立を問わず大学のあり方全般に多大な影響を及ぼす可能性について、日本学術 会議としても重大な関心をもたざるをえない。】
つづきは以下より。日本学術会議。PDF。
日本語版
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-kanji-1.pdf
英語版
http://www.scj.go.jp/en/pdf/kohyo-23-kanji-1e.pdf