国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第19回「白瀬矗、南極へ―日本人初の極地探検」を公開(カレントアウェアネス・ポータル)

【民間からの寄附によって資金を調達しようと考えた白瀬は、交流のあった村上濁浪むらかみだくろう(俊蔵しゅんぞう)に援助を求めます。村上は、『冒険旅行術』大学館【96-45】 などの著書がある人物で、当時『探検世界』【雑19-120】を発行していた成功雑誌社の社長でした】
詳細は以下より。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/28964