「卓越研究員」16年度から導入 文科省、終身雇用を保証(日本経済新聞)

【文部科学省は優秀な若手研究者が大学や国立研究開発法人、企業を自由に選んで研究に専念できる新制度を2016年度から導入する。国が毎年100~200人を将来性や論文から「卓越研究員」に認定する。各機関が人件費を負担し終身雇用を保証する。若手はポスト不足が深刻で、不安定な任期付きの研究員が増えている。安定した研究環境を整え、独創的な研究を後押しする。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG25H20_W5A720C1TJM000/