今ある秩序をこえるために――文学の時代錯誤と試行錯誤 日本文学者・位田将司氏インタビュー【高校生のための教養入門】(SYNODOS)

【わざわざ大学まで行って日本文学を勉強する意味はあるのか!?――これは小説や言葉が好きな人でも躊躇することではないでしょうか。しかし日本近代文学という、比較的アプローチしやすい分野を通すことで見えるものが数多くあります。「田舎から出たい……!」という自身のきっかけから東日本大震まで、文学を通して見つめてきた位田先生にお話を聞きました。(聞き手・構成/住本麻子)】
つづきはこちらから。SYNODOSより。2015.06.15 Mon付け。
http://synodos.jp/intro/14348