« 和歌文学会7月例会(2015年7月18日(土)、駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館402教場) | メイン | 経済観測:役立たぬ「学術教養ごっこ」=経営共創基盤CEO・冨山和彦(毎日新聞) »

2015年6月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●和歌文学会関西7月例会(第118回)(2015年7月11日(土)、奈良女子大学 文学系N棟202講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://wakabun.blog10.fc2.com/blog-entry-209.html
--------------------

和歌文学会関西7月例会(第118回)のお知らせ

一、日時 2015年7月11日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)

一、会場 奈良女子大学 文学系N棟202講義室
近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩約5分。正門よりお入り下さい。
      
一、研究発表

初期定家本『古今和歌集』の展開         
大阪大学(院) 寺田伝

中院通茂による未来記雨中吟講釈の意図   
京都大学(非) 大山和哉

神宮文庫蔵『二十一代集抜萃』の価値
―『神宮正権祢宜和歌』などとの関係を中心に―   
奈良大学 石川一

※研究発表終了後、懇親会を開催します。


●グーグル提供広告