« 大阪府立大学 貴重図書展示『広重魚づくし』(平成27年6月1日(月)~8月2日(日)) | メイン | 2015年度 国際言語文化研究所連続講座プレ企画『戦後史再考』合評会(2015年6月20日(土)、立命館大学衣笠キャンパス) »

2015年6月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●慶應義塾と戦争III「慶應義塾の昭和二十年」慶應義塾と戦争(図書館:2015年6月1日(月)〜8月6日(木)・アート・スペース:7月1日(水)〜31日(金))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/keio-1945/
--------------------

慶應義塾と戦争Ⅲ「慶應義塾の昭和二十年」 慶應義塾と戦争

昭和20(1945)年、慶應義塾の塾生は、陸海軍に、勤労動員に、疎開に、散り散りとなりました。教職員は、時局に対応しながら、教育研究の継続に苦悩しました。義塾関係の戦歿者は2200名以上、全国の大学中で最大の空襲被害を受け、戦後は米軍が日吉を接収しました。本展では、昭和20年の「終戦」を前後する激流の中の義塾と塾生・塾員の姿を丹念に描き出すことを通して、戦争の時代を多角的に見つめ直す視点を提供したいと考えます。

主な出品資料
▽ 空襲で焼失した大ステンドグラス破片 ▽ 回天特攻戦死塾生の音声 ▽ 疎開幼稚舎生の手紙 ▽ 勤労動員引率教員の手帳 ▽ 農学部設置計画書類 ▽ 米兵が撮影した日吉 ▽ 軍学校出身者が多い卒業写真 ▽ マッカーサーと塾長の会見記録▽戦犯塾員減刑嘆願書 ▽ 特別出品:真珠湾攻撃に参加した塾員関係資料

日時
第一会場:慶應義塾大学図書館展示室
2015年6月1日[月]- 8月6日[木] 9:00 - 18:20
第二会場:慶應義塾大学アート・スペース
2015年7月1日[水]- 31日[金] 10:00 - 17:00

場所
慶應義塾大学アート・スペース

対象
どなたでもご参加いただけます

お問い合わせ
慶應義塾福沢研究センター
「慶應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクト
FAX:03-5427-1605 fmc@info.keio.ac.jp
http://project.fmc.keio.ac.jp/
★ 関連資料を収集していますので、些細な情報でもぜひお知らせください。
ac-tenji@adst.keio.ac.jp


●グーグル提供広告