« 第29回日本哲学史フォーラム「表現する自己、表現する世界」【木津祐子、水原紫苑、Ms. Mitsuyo Wada-Marcianoの各氏ほか】(2015年7月4日(土)、京都大学 文学部校舎第1講義室) | メイン | 宇都宮大学教育学部:准教授又は講師の公募(人文社会系国語教育分野:日本語学(古典語))(2015年06月10日 ~ 2015年08月31日 必着) »

2015年6月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川県立金沢文庫 企画展「東の正倉院 金沢文庫」(平成27年7月2日(木)~9月27日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/bunko/tenjiyokoku.html
--------------------

企画展
「東の正倉院 金沢文庫」<展示予告>

金沢文庫は、鎌倉時代、金沢北条氏の蔵書を納める書庫として造られました。宋から将来された貴重な漢籍や仏典は、金沢北条氏に、政争と戦闘が続く激動の時代を生き抜く知識を与えました。そして、書籍とともに求めた青磁をはじめとする様々な宝物は、彼らの仏教への信仰を支えました。
 豊かな文物を備えた金沢文庫は、しばしば正倉院に喩えられます。本展示では、仏像、工芸品、古書、古文書などを通して、金沢文庫と金沢北条氏の菩提寺である称名寺の草創の物語をご紹介いたします。

                 
主催 神奈川県立金沢文庫
協力 横浜市金沢区役所
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成27年7月2日(木)~9月27日(日)
休館日 毎週月曜日(7月20日、9月21日は除く)、7月21日(火)、9月24日(木)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分

展示解説のご案内
○学芸員
7月、8月の土曜・日曜、および国民の休日、午後2時から行います。
○ボランティア
9月の土曜・日曜、および国民の休日、それぞれ午後2時と午後3時から行います。

※展示解説に参加ご希望の方は、定刻までに金沢文庫1階展示室入口にお集まり下さい。


観覧料金

■個人 観覧
区分 料金
一般 250円
20歳未満及び学生 150円
65歳以上及び高校生 100円  

■団体 観覧
区分 料金
一般 150円
20歳未満及び学生 100円
※備考 団体は20名以上

中学生以下・障害者の方は無料(教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料)
図書閲覧室のみの利用は無料


●グーグル提供広告