« ICIS(文化交渉学研究拠点)シンポジウム(平成27年7月18日(土)・19日(日)、関西大学千里山キャンパス) | メイン | 国文学研究資料館・特定有期雇用職員(特任助教)の公募(古典籍共同研究事業センター)(2015年06月04日 ~ 2015年07月24日 必着 平成27年7月24日(金)17時必着) »

2015年6月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●専修大学図書館・公開講座「日本語の風景 ~文字はどのように書かれてきたのか」【文学部教授 斎藤達哉氏】(2015年7月4日(土)、生田キャンパス10号館1階 10101教室、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.senshu-u.ac.jp/eventnews/event_150704_tamaku.html

--------------------

【本学図書館の所蔵する古典籍などを題材として、先人達が日本語を文字に書き写すときに行ってきた様々な工夫の跡を紹介します。
 漢字の伝来から、その後の日本語がどのように発展してきたのか、文字と表記の歴史を考察するなかで、日本語の文字の世界、奥深さを説明し、斎藤教授も執筆者として参加した書籍「SI Libretto 日本語の風景 文字はどのように書かれてきたのか(発行:専修大学出版局)」の内容を辿りながらお話いたします。】

日 時 7月4日(土)
○ギャラリートーク (定員20名) 10時00分~10時20分
○公開講座 (定員250名) 10時30分~11時30分
会 場 生田キャンパス10号館1階 10101教室
講 師 文学部教授 斎藤 達哉

■企画展示「和(やまとし)うるわし- 日本語の風景-」

概 要 本講座の内容に関係する古典籍等を展示いたします。
日 時 7月1日(水)~7月10日(金) 12時00分~16時00分
公開講座開催日にあたる7月4日(土)は、10時00分~14時00分
場 所 生田キャンパス9号館3階 図書館本館研修室


●グーグル提供広告